巫女という全てがエロい存在!同人エロゲでもやっぱり人気があるの?

巫女は白い上着と緋袴により、多くの人が知っています。
「清楚」の代名詞ゆえ、同人エロゲでも大人気♪
知っているようで知らない巫女について、人気ランキングと合わせ、ご紹介♥

巫女とは何か?

巫女は、大いなる存在に仕えています。
日本神話では八百万の神々がいるため、「その神社で祀っている神々」に対する奉仕です。

神に仕える役割

神に仕えることは、世間とは全く違う世界。
ですが、現代では神秘性が薄れており、「バイトで働いている女子校生」も多いです。

専門の大学などで学び、資格を取得することが、正社員の巫女としての道。
よく「処女でなければ……」と言われているものの、一部を除き、あまり問題視されないようです。
もっとも、正統な巫女を必要とするのは、大きな社か、神社の責任者の妻のように、「生涯をかけて、切り盛りをする」という立場ぐらい。

いずれにせよ、人間では想像もできない神格が相手だけに、特別です。

昔は女の立場が低く、武家のような支配者の生まれでなくても、守られる立場になれる巫女は、人気があったでしょう。

自然崇拝のシャーマン

巫女については、もっとも原始的な信仰である、自然崇拝も含まれます。
「神がかる」という状態で、お告げなどを行う役目。

邪馬台国の卑弥呼が、その代表格です。
彼女により、一時的に戦乱が収まったとかで、今でも色々な作品で扱われています。

近代まで、シャーマンの巫女もいました。
「人々に説教して、仲裁をする」という役目よりも、「修行をして、より高める」という方向性。
それゆえ、組織としての存続や、何よりも後継者の育成が難しく、カリスマのある巫女が没したら消滅するパターンが多かったようです。

かつては、吉凶の占いで、あらゆる項目が決められました。
でも、情報社会となった今は、人々を納得させられるだけの理屈や権威がなければ、難しいです。

全国を渡り歩く場合も

日本には、歩き巫女がいました。
特定の神社で働けず、全国を放浪しつつ、祈禱などを行い、生計を立てていたのです。

彼女たちは芸人、あるいは、遊女。
人々を楽しませて、神秘的な託宣をしつつも、ひたすらに旅を続けました。
大きな神社の宣伝としての役目もあり、玉石混交。

昔の日本はおおらかで、農村では暗い室内での乱交も。
歩き巫女にとって、春を売るのは、商売の1つ!
旅をすることが珍しい戦国時代では、くノ一としての活動といえます。

近代化に伴い、かつての権威が失われて、同じ歩き巫女で集まっての村落へ。
それでも、死人を呼び寄せる口寄せに切り替え、明治初期まで活動。

言い張れば「巫女」になる

ぶっちゃければ、「私は巫女である!」といえば、巫女になります。
同人エロゲの世界は、フリーダムです。

明確な定義はない

明らかに西洋風でも、巫女は巫女です!
前述したシャーマンとしての役目ならば、巫女の一種。

要するに、プレイヤーが納得するかどうかで……。

同人エロゲは、クラシックな巫女と、従来の枠にとらわれない巫女の2つ。
魔法や剣があるだけに、窮屈な現実よりも、活き活きしています!

前者の巫女にしても、化け物退治で活動しているパターンが大半。
あるいは、境内にいるけど、催眠や媚薬で犠牲になる役。

イメージ通りに予言をする

昔の予言は、現代の占いです。
それっぽい道具を用いて、いかにも儀式めいた行為で、難しい文言を連ね、春もひさぐ。
お金を払った利用者は、そのサービスに満足して、日頃の悩みを解消すると……。

歩き巫女は権威となる儀式道具を大切にして、小作人では理解できない長文をそらんじる。
その神秘的な状況で、ずっと悩んでいたこと、例えば死者への謝罪や、伝えたいことを代行したのです。

現代では、専門的な占い師が活躍しています。
その根源は、歩き巫女。

占い師も、非日常を演出することに注意して、利用者の悩みを解消します。
「万人に当てはまる指摘で、その反応によって情報を得る」という、コールドリーディングなど、様々なテクニックも……。

パーティメンバーも多い

同人エロゲの巫女は、「邪を祓う」という役割から、パーティメンバーにもなります。
この場合はサブヒロインで、Hのお当番もこなすのです。

女主人公というより、女パーティーの戦力。
その話し相手。

巫女としての記号で、設定を作らないだけに、扱いやすい。
肌を多く見せる、いやらしい巫女服も、基本装備♪

女パーティーでは、レギュラー全員のHイベントで、1人あたりは薄い。
幕の内弁当のように見応えがあるものの、「巫女のエロがいい!」のように、狙いが決まっている場合は向いていません。

巫女と触手は黄金コンビ

巫女と言えば、触手!
かつての春画では、「女体に巻き付く、タコの足」もあったほど……。

巫女といえば触手!

巫女は、日本刀や術を使い、化け物と戦います。
そしてセクハラをされ、拘束された後にHイベントも♪

触手は、男根のメタファーです。
本来ならば、1人1本で、どれだけ魅力的な女がいても、1回で5発が限界。
でも、触手は無数にあるし、発射しまくりだよね?

そのメリットは、媚薬となる体液や、同時にあらゆる部位を責められること。
また、NTRと感じにくく、清楚な巫女がどれだけ乱れても、プレイヤーは平気!

触手にも、タコのような生物、スライムのような粘液、蟲、機械と、4種類があります。
しかし、1つの同人エロゲであっても、複数がセットだから、だいたい「触手」とだけ。

日本の妖怪との絡みも多い

古風な世界観では、日本の妖怪がよく出てきます。
現代ファンタジーとして、今の文明がある社会でも、関係ありません。

その代わりに、連続殺人が起きそうな山奥や孤島で、クローズドサークルにしています。
普通に妖怪が出現して、夜の廃墟で戦うことも定番。

巫女と妖怪でも、基本的には「ベロベロ舐め回す」のように、濃厚なHです。
制作する側にとっては、妖怪の姿を描き、それっぽい特殊能力を考える手間が加わります。

ただ、長い舌や無数の触手を出せば、妖怪であっても、難しくありません。
昔の触手巫女、『淫獣聖戦シリーズ』のように、文献にこだわらない、現代的なデザインが中心。

情報やアイテムを持つ

巫女は、昔からの物品や伝承を扱い、守ります。
それゆえ、「敵を倒すための情報やアイテムを持っている」ということも!

おねショタの場合は、巫女が主人公のショタを狙い、スケベをします。
「封じられていた悪霊を解放する」と、全ての原因になることも!?

同人エロゲは、いかに、Hイベントを作るのか?
絶好のポジションである巫女は、どうあがいても、Hイベントから逃れられず。

エロ漫画では、「とりつかれた巫女が主人公を誘惑、そのままHをする」という流れ。
しかし、プレイヤーが積極的に楽しむ同人エロゲでは、意外に少ないですね?
男主人公のMゲーで、見つかるぐらい……。

退魔師としての巫女

前述したように、主人公ポジの巫女は、自分が戦います。
いわゆる、退魔師です!

刀と巫術で戦う巫女

巫女は、だいたい刀を振るい、神がかりの術を使います。
歴史的には、薙刀だと思いますが……。

昔の時代だと、資料を漁らないといけないので、現代ファンタジーが基本。
「妖怪が出現して、それを退治する役目」という、冒険者のような立場です。

今は同人エロゲでも、しっかりした育成をする必要があります。
一般向けのスキルアップである、選択した分野を伸ばしていく、ツリー形式へ……。

「均等にパラメータが上がり、呪文やスキルを覚える」というレベルアップは、廃れました。
特に、Hイベントを見せる同人エロゲでは、プレイヤーに苦労させてはなりませんから。

男にセクハラされまくり

巫女は、「相手の言いなり」のイメージ。
ここら辺は、「神に仕えて奉仕する」という立場からの連想ですね!

同人エロゲの女主人公は、受け身。
けれど、巫女となれば、輪をかけて従順に思えます。

妖怪、エロトラップに、アヘアへ言いまくり。
村や街に戻っても、売春やセクハラの連続♪

とりあえず、巫女に見えれば、それでOK!
アニメの人気キャラにあやかって、ミニスカートのような改造服が、よくあります。

サブキャラは当番Hだけ

前述したパーティメンバーであれば、その人数の分だけ、負担が減ります。
サブキャラは、平均3~5回。

今は女パーティーが減っており、厳選したメインヒロインを徹底的に嬲るだけ。
サブキャラの巫女は、探索中の会話か、イベントで手助けするだけで、フェードアウト。

同人エロゲは、それぞれの性癖に特化しています。
ロリでも巨乳にする傾向で、「チッパイで小さい」という巫女ちゃんは稀。

視覚的に、やっぱり大きいほうが映えるのです!
これは、一般向けのアニメでも同じ。

自分が求める巫女は?

シチュエーションは、以下の3つ。
似ているようで、全く違うから、しっかりと予習♪

エロい目に遭う退魔巫女

退魔巫女は、異世界の冒険と、街を守るで、大きく違います。

前者はRPGが強めで、「バトルが面倒だ」となりかねません。
いっぽう、後者はお手軽にHイベントが発生するが、バリエーションに乏しい。

今はアドベンチャーでも、RPGのシステム。
自分の性癖と望んでいる状況を知ることが、最初にやるべきこと!

ボイスの有無でも、興奮度が違いますから。
「どれぐらい喋るのか?」は、要チェックです♥

耳元で囁き続けるASMR

もし音声が目当てなら、ASMRもオススメ!

こちらは淫語たっぷりで、古風な喋り。
状況の解説のため、2人の巫女がいるパターンが主流です。

「マラ」のように古文を思い出す喋り方は、ツボに嵌ると、たまりません。
わりと背徳感があり、音声ドラマでは、「男主人公の立場になり、巫女が倒すべき女に誘惑される」という夢のようなシチュも♥

音声に興奮する方であれば、視覚に頼らず、女の声に集中するのも手!

日常系で巫女とHする場合も

現代ファンタジーやホラーでは、現代社会の中で、巫女とまぐわいます。
洗脳されての誘惑や、淫らな風習がある村と、魅力的な舞台ばかり。

現実でもありそうな、ちょっとしたエロハプニングで、そのままH♪
巫女そのものではなく、その場所にいる女たちが、何らかの理由で男を求めるか、言いなりも!

同人エロゲの巫女は、触手と切っても切れない縁。
洗脳系は、どちらかと言えば、変身ヒロインや魔法少女です。

ともあれ、清楚な巫女が脱がされ、乱れに乱れる様子は、趣深い。
伝奇を好んでいるのならば、一度味わっては?

人気ランキング

彼女は戦い続ける。

勝利する、その時まで……。

巫女は告げる。

「この世で、お前たちが結ばれることはない」と……。

3位:巫女神さま

元気なJK巫女!

果ては、注目のAV女優か、村の公衆便女か!?

巫女としての占い師!

彼女と会ったユキは、さらなる戦いへ!!

淫らな空間が、少女をメスに加工する♪

アラカよ、淫界の巫女となれ!

戦え、退魔巫女!

戦闘中のH攻撃にも負けず♪

少女たちは、触手と結ばれる♪

エロ巫女を含めて、大乱交シスターズ!?

親子そろっての爆乳♪

スケベ淫魔に対抗できるのは、そのオッパイだけ♥

巫女のヒロインもいる、全部入り!

彼女たちは決して挫けない……かも!?

巫女が導く、妊娠學園!

数々のマンマンを制覇した先に待つものは?