サキュバス搾精という天国♪そもそも淫魔って何?オススメ同人エロゲも!

エロと言えば、サキュバス!
同人エロゲでも、並み居るライバルを蹴散らし、ランキング上位に!?
よく耳にする淫魔について、お勉強♥

男に最高の快楽を与える淫魔

平たく言えば、「人間の女ではあり得ない、最高の快楽をもたらす存在」です。
歴史上でも、研究テーマになるほど、様々な人々が、議論してきました。

古典でも「最高の快楽」と記載

ラテン語の「succuba」。
これは、「不倫相手の愛人、恋人」を意味しており、美女の姿をした魔物。
語源としては、これが有力な説です。

サキュバスは、悪魔。
とある宗教によって、そう定義されました。

夢の中でセックスをしてくる、夢魔。
しかし、肉体を持ち、現実でも、男を誘惑して、絶命するまで搾精するように……。

戒めとしての定義ゆえ、「サキュバスとの性交は、心身を蝕み、やがて死に至る」と言われていました。
けれど、その魅力に抵抗するのは難しく、また、人間の女では不可能なエクスタシーに導いてくれるのです。

浮気や秘密の関係の隠喩

ぶっちゃければ、「浮気や不倫の言い訳としての、サキュバス」でした。
昔の欧州では、男も、性欲に溺れないことが求められたから……。

当時の支配者である、王様のように、「定められた王妃や、寵姫だけ」という男でも、サキュバスの誘惑に勝てませんでした。
その言い訳として、「あの女は、淫魔だった!」というわけで。

怖い話ですが、「姦淫した女がサキュバスなら、処刑するべき悪魔」とも。
夢魔と見なされた女に加えて、悪魔と関係を持った男も、魔女裁判で死刑になりました。

教訓話のように、「サキュバスと性交した男は、精液を搾り取られた挙句に、絶命する」というオチです。
また、「鋼の意志で誘惑に乗らなかった男は、正しき道を歩み、幸せに過ごした」というエンディングに。

フィクションでも悪魔の姿

サキュバスは、背徳の象徴。
それだけに、「エロの女王」という扱いです。

歴史上でも、森の精霊とか、美女の姿をした存在は、だいたいサキュバスの扱い。
その肉体は汚物の塊、死者を流用しているなど、議論の対象です。

フィクションの夢魔は、「ビキニか、レオタード姿で、背中にコウモリ羽、お尻にスペード型の尻尾を生やしている美女」となっています。

1987年のファミコンで発売された『ウィザードリィ』は、現代のサキュバスを決定づけました。
秀逸なモンスターデザインのおかげで、これが、海外への逆輸入に……。

それまでのサキュバスは、全裸。
古い絵画でも、一糸まとわぬ姿で、佇んでいます。

サキュバスの定義は広い

RPGのエナジードレイン。
狙ったキャラのレベルを下げる行為は、サキュバスに無限の可能性を与えました。

異世界ファンタジーの淫魔

『ウィザードリィ』のエナジードレインは、美女のサキュバスと合わさることで、「その体液や匂いは、強烈な催淫である」という解釈にも……。

魔眼などで魅了するか、幻覚、淫らな夢を見せるサキュバスは、伝承の通り、破滅と快楽をもたらす悪魔です。

本来の意味でのサキュバスは、『まちカドまぞく』のシャミ子です。
彼女は、「夢の中では、あらゆる行動と魅了をするが、現実では最弱」という悪魔。

異世界ファンタジーでも、「戦闘ツヨツヨ」と、「まともに戦えばザコだが、セックスに入れば、どんな相手も確殺」のどちらか。
同人エロゲでは、だいたい、後者ですけど。

「色仕掛けの痴女」の例え

サキュバス検定はなく、「こいつは、そうだ!」と言えば、OKです。
ゆえに、「すぐセックスに誘ってくる痴女」の代名詞。

男が受け身で、貞淑であるはずの女が、際どい衣装やポーズ、甘い言葉。
いわゆる、色仕掛けに、「彼女はサキュバスである!」という説明。

本当にサキュバスである必要はなく、たとえ話です。
それっぽい理由をつければ、「淫魔なら、仕方ない」と、納得できます。

同人エロゲは、異世界と現代のミックスも、多いです。
だから、「クラスの人気者で、前から気になっていた女子が、実は!」といった、驚きの展開にも。

売るためのキャッチフレーズ

サキュバスは、同人エロゲの半分ぐらいに、生息しています。
万能すぎて、あらゆる作品に登場しているのが、現状。

クリエイターの視点では、「自分の作品を1本でも多く売るため」という、工夫。
個人の趣味でも、あまり売れず、レビューもつかないのでは、悲しすぎますから。

サキュバスと言われれば、「ああ、淫魔の!」と、すぐに思いつきます。
それに、異世界ファンタジーでなくても、「隣の人妻を即ハメOKの痴女にするため、サキュバスの力を借りる」といった理由づけで、使えます。

あれですよ!
「ラノベで学園物が売れる」という話と、全く同じ。

2種類のサキュバスがいる!

同人エロゲーでは、大きく分けて、2種類のサキュバスがいます。
どちらも、大きな役割を果たし、その世界を彩るのです。

モンスター娘としての淫魔

異世界ファンタジーでは、こちら!
前述した、「悪魔としてのサキュバス」です。

ラスボスから、主人公の理解者ポジまで、幅広いラインナップ!
派生として、「いつもは町娘で、正体を現わしたら、悪魔の姿」も、定番です。

「彼女たちは悪魔だから……」という免罪符で、現代社会にも進出。
今の同人エロゲを支えている、重要なキャラ!?

魔女のサバトになぞらえて、「人間の女を次々に、同族に変えていく」というパターンも。

ドスケベな女による大乱交

こちらは、「サキュバスのように、淫蕩な女たち」という表現。
現代ファンタジーでは、制服を着た女子が、援交、サポで、大活躍♪

「人間の女だけど、サキュバスにそそのかされたり、女同士の快楽を教えられたりして、ドスケベに」
魅力的なシチュですが、今は「スマホ催眠」が、人気です。

女主人公の場合は、プレイヤーの操作により、校内の男子や教師、街を歩くオヤジに、次々と売春。
だいたい、「性知識がない処女」と、「売春しまくりのヤリマン」で、作風により、向いているほうが選ばれます。

前者のケースでは、「いきなり本番H」が不自然すぎるため、軽いセクハラ、あるいは、戦闘に敗北しての凌辱により、性経験を積まなければいけません。
生本番までの長さは、作品によって、まちまち。

たまにインキュバスが主人公

男の淫魔は、インキュバスです。
こちらも、「女の夢の中に現れて、セックスを行い、人間では不可能なエクスターへ導く」とされています。

ただし、「インキュバスに犯されれば、孕む」という点が、大きく違います。
一説によれば、「サキュバスとして、搾り取った精を、インキュバスに変わり、女の中に注ぐ」という話です。

ゲームとしては、「Hで勝負をする男主人公だから、インキュバス」というだけ!

もっとも、普通に「M男」を主人公にすれば、十分。
インキュバスを操作するゲームは、珍しいです。

サキュバスは名作の宝庫

同人エロゲは、「どれだけ、魅力的なHシーンを出せるか?」の一言に、尽きます。
演出として、以下の3パターンが、代表的です。

「戦えばザコ」という淫魔

「普通に戦えば、あっという間に、倒せる」
このタイプは、同人エロゲの主流です。

「初心者でも、装備を揃えていれば、簡単に退治」というザコに、あえて負ける。
まさに、M男!
テンプレの1つに、「魔王退治をした勇者が、レベル1のサキュバスに敗北」があります。

最近は、プレイヤーのために、「わざと負ける」コマンドも。
いちいち、リソース管理をするのは面倒だから、色々と工夫しているのです。

「セックスに入れば、無敵」というギャップで、多くの新規ユーザーを魅了しています。
さすが、淫魔♪

人間では勝てない悪魔

原点としての、サキュバスです。
そもそも、人間が勝てない、悪魔……。

こちらの路線では、「まともに戦ったら、確殺」という話。
異世界ファンタジーだと、聖剣や魔法がありますが――

現代ファンタジーになったら、もうお手上げ!

ただし、「異世界ファンタジーだけど、苦戦を強いられる相手」のように、世界のピンチとして描写される場合も……。

「物語の黒幕」というパターン

「サキュバスが人を惑わし、悪事をさせる」
こちらも、原点の悪魔としての、一場面です。

人をそそのかすだけなら、現代社会でもOK!
そのため、バリエーションが広く、多岐にわたる作品へ……。

人妻を寝取りさせる、女たちを支配する独裁者と、エロ系の首謀者♪

このポジションであれば、「アグレッシブな男主人公」となり、はっちゃけられます。
何しろ、悪いのは、サキュバスですから。

セックスで絶対に勝てない

いずれにせよ、サキュバスにHで勝つのは、不可能です。
だから、「いかに、性交を避ける?」という展開が、メインになります。

魔王を倒した勇者ですらHで完敗

魔王を倒した勇者が、それまで会ったことのない淫魔に、完全敗北♪
レベルドレインで、ヨワヨワの雑魚に。

ちなみに、レベルドレインに性別は関係ないため、女勇者ちゃんが凌辱され、性奴隷にされる展開もあります。
そちらは漫画に多く、ゲームでは珍しいですね。

一般のRPGもそうですが、「魔王を倒した勇者は、第二の魔王」です。
この命題は、あえて避けられており、「ザコ淫魔にレベルリセット」は、1つの結末でもあります。

「勇者が見目麗しい女たちをパーティーメンバーにしているのは、色仕掛けによるハニートラップのため」という説すら、出ています。

「不朽の名作」を見つけたい方はどうぞ!

サキュバス物は、間違いありません!

男主人公で誘惑され、搾り取られるも、ヨシ。
逆に、女主人公で、知らない快楽に翻弄され、溺れていく様子を愛でるも、ヨシ。

全くサキュバスが出ない作品は、珍しいです。
それほど、同人エロゲーに欠かせない存在。

「よく分からないんだけど、オススメある?」
そう聞かれたら、私は迷わず、サキュバスをお勧めします。

基本的にM男プレイだが逆転アリ

本来は、「いったんHに入れば、性的な快楽で、抵抗できなくなる」という結末。
しかしながら、それでは、ゲームとして難しい。

「段階的にHシーンを見ながら、進ませる」という、最後のラインを越えなければ、先へ進める形式が、よく採用されています。

ただ、「最初にHシーンを全開放」のシステムが多く、「わざと負けなくても、すぐに、あるいは、クリア後に見られる」という状況です。
同人エロゲーによるため、買う前に、しっかりと確認しておきましょう。

その性質上、サキュバスの誘惑に耐えるだけの、M男プレイ。
けれど、RPGなら通常攻撃がありますし、アクションなら反撃も……。

自分の性癖とマッチングするように、中身をチェックしつつ、体験版も遊んでから、吟味するのが吉です。

人気ランキング

ハーレム! サキュバス!

夢の4Pが、ここにある!!

敗北していく、男子たち……。

全てのSEXは、次へ繋げるために!

サキュバスは、Hが大好き♥

「この精液は、極上かしら?」

ドット絵が織りなす、乱交♪

あったかーい女穴が、次々に、ショタを襲う!?

5位:Milking Farm

「牛さん、牛さん、出ておいで~♪」

「搾精の時間だよー?」

躊躇わずに、撃て!

さもなければ、この上ない搾精だぞ♥

サキュバス軍団との、Hな死闘!

刺して、抜かれて、最後に立っているのは!?

無力な人間は、サキュバスに敵わない!

できるのは話術と、住宅の探索だけ……。

体に刻まれた悦楽は、決して消えない♪

柔肉の疼きは、全てに勝る♥

迫力の、主観視点!

女上位で、あらゆるプレイが可能な、バトルファックとは!?